【ヘアケア~スキンケアまで】アラサー必見!古き良き「椿油」でオイル美容を始めましょ!

こんにちは!
ヘアケア&スキンケアオタクのうるみちゃんです。

今回ご紹介するのは「椿油」
アットコスメやLipsでは大島椿とかが人気ですよね。

椿油なんて古めかしい…だなんて侮ることなかれ。
このオイル、ドラッグストアやネットで簡単に買えるくせにスキンケア~ヘアケアまで全身に使える超万能なオイルなんです。

スキンケアに使うとハリツヤ、保湿、エイジングケア、ターンオーバーを整える…などの効果が。
ヘアケアでは太くて頑固な髪質がしっとりと絹のように美しくまとまる…
さらにはボディローションの保湿力が足りないときに1滴混ぜてあげると一気にしっとり感が出ちゃうという…

これはもう「万能」そのもの!
一家に一個、ストック必須の美容オイルなんです。
しかも日本でも長く歴史のあるオイルなので、馴染みがいいところもポイント。

私はいつも椿の名産地である五島列島産のものを愛用しております。
同じ椿油でも製法や産地によって質感が全然違ってきますので、その辺の詳しいお話もしていきますね。

ではでは…本題に入っていきましょう。

椿油について

まずは椿油の簡単な説明から!

  • 価格 大島椿の場合、1,210円(40ml)
  • 用途 主に乾燥肌~乾燥が気になる混合肌のブースター、ボディローションの保湿力強化、オイル洗顔(顔から角栓がジャリジャリ取れる裏ワザ!後で紹介しますね。)、アウトバスオイル、トリートメントなど…とにかく万能!!!
  • 説明 椿油は今から約1200年前平安時代の初期から食用、灯用、化粧用、不老不死の薬として珍重されていた古くから日本人になじみのあるオイルです。オレイン酸が8割以上を占めていて、肌へのなじみがとても良いという特徴があります。肌のターンオーバーを整え、ハリ、ツヤ、エイジングケアなどの効果があるとされています。
2020.09_うるみちゃん調べ

因みにこの椿油、ネットだと定価よりも300円ぐらいお安くゲットできます。

amazonで詳しく見る

うるみちゃん鬼リピ中!京都の老舗「かづら清」の椿油!

かづら清_京都の老舗の国産オーガニックつばきあぶら

私の使っている椿油は京都の老舗ツゲ櫛屋「かづら清」さんの国産100%の高品質椿油です。
ツゲ櫛屋さん?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。
ツゲ櫛はお手入れのときに椿油を使うので、椿油は切っても切れない関係にあるんです。

そんなツゲ櫛の老舗かづら清さんの期間限定商品が「五島特産・つばきあぶら」
毎年季節限定で販売されるので、見つけたら1年分のストックを買いこんでいます。

京都の老舗で後島特産の椿…ちょっとお高そうでしょ??

それが100mlで2,000円ぐらいなんですよ(コソッ)
国産でさらっと使いやすくて、しかもポンプ式もあります。
1滴だけ欲しい時とかめちゃくちゃ有能なんです。

Amazonで調べたところポンプタイプの在庫が…
ボトルタイプの方のリンクを貼っておきますので、椿油そのものを試したい方はぜひこちらを手に取ってみてください。
コスト面、品質面共にすごくオススメです。

amazonで詳しく見る

限定品は5月ごろに公式さんで購入できまして、店舗なら置いているという記載も見かけました。
こちらの商品も国産オーガニック椿実100%なので品質は凄く良いと思います!

椿油は香りが無臭といいますか、ホホバオイルやオリーブ油と同じように無臭に近いオイルの香りをしています。
これがちょっと苦手という方も多いので…
そんな方には香りも楽しめる少しリッチな「香るつばき」を。

amazonで詳しく見る

こちらもヘアケア、顔~全身まで使えるのですごくオススメの美容オイルです。

お母さんや友達へのプレゼントには絶対こっち!
自分のご褒美スキンケアとしてもよきです◎

この他にもかづら清さんは色々な椿油製品を販売されています。
おすすめしたい製品は山々なのですが今回は一つだけ…

「オイルだと重たくて…」
「使いきれるか心配。」
という方に、お手軽に椿油の栄養を補給できる椿ミストローションをおすすめさせて頂きます。

amazonで詳しく見る

11種のハーブエキスと5種のオーガニックエッセンシャルオイルを配合したミストタイプのローションで、化粧水からヘアミストまで幅広く使うことがでます。

保湿力も良い感じで、香りもオーガニックなフローラルって感じで凄く癒される…
無香料・無着色・無鉱物油・パラベン無添加でお肌にも優しい処方。

お肌が敏感な時はもちろん、スキンケアがめんどくさい時なんかにもシュッとひと吹きでお肌を整えられるのですごく便利です!

うるみちゃんmemo
よくドラッグストアなどで見かける「大島椿」の産地を公式サイトさんで確認したところ、伊豆大島、長崎県の国内および中国の物を使っているとのこと。
いずれもヤブツバキ・ヤブツバキ近縁種の種子から採ったオイルをなるべくにおいなどの少ない状態に生成しているようです。
ですので100%国産の椿油というものではありません。
価格面でもかなり割高で、個人的には使用感は普通かな?という感じでした。

かづら清さんのものに比べると色も薄く精製度が高いようなので、椿油本来のミネラルや美肌に嬉しい成分が損なわれている可能性もあるんじゃないかなぁ…と思います。
精製するメリットとしては独特な匂いを減らしたり、良くも悪くも角がないものになるという部分ですね。
黒糖と白砂糖の違いのような感じです。

簡単に手に入る面では凄くイイと思いますので、こだわりのない方は大島椿の方を試してみてください。

椿油の使い方【スキンケア編】

スキンケアとしておすすめの椿油の使い方は2つ。

保湿力アップ!肌を柔らかくする導入ブースターに。

オイルというとスキンケアの最後とか化粧水の後っていうイメージが強くないですか?
実はオイルって洗顔後すぐに使うことで「肌を柔らかくして、そのあとのスキンケアの浸透をUP」させるブースターのような働きもあるんですね。
今回はそんなブースターとしての使い方をご紹介します。

  1. まずはいつも通り洗顔し、優しく水気を取る。(必ずティッシュや清潔なタオルを使いましょう。優しく乗せて、水気を吸わせる感じが◎)
  2. オイルを1~3的程度取り手のひらに伸ばしたら、顔全体にポンポンと付けます。最後にハンドプレスでじんわり馴染ませましょう。
  3. 後はいつも通りのスキンケア(化粧水、美容液、乳液など)を行えば完了です。

スキンケアの後に保湿やエモリエント効果を狙って使うのもいいのですが、うるみちゃん的にはブースターとして使う方がよりオイル美容の効果を得られるように思います。
肌にぷりんっと弾力が出て、ハリツヤはもちろん、しっとり健やかな美肌に仕上がります。

顔から砂利が出る!?週1~2のスペシャルケア・オイル洗顔に。

こちらは巷で話題のオイル洗顔というものです。
色々と毛穴ケア系のパックやピーリングも試してきましたが、こちらはコスパも最高でうるみ史上最高のツルツルやわやわなお肌になります!赤ちゃんかよって感じです!(←語彙力)

  1. 椿油を適量(500円玉大ぐらい)手に取って、クレンジング感覚でお肌になじませていきます。
  2. 肌に摩擦を与えないように気を付けながら、優しくくるくる~っと。するとジャリジャリ感が…!!!角栓がザラザラ取れてきます!(※やりすぎ注意!)
  3. あとは化粧水を含ませたコットンで優しく拭き取って、洗顔後、いつものケアをしましょう。

普通のクレンジングと違って洗浄力が低いのでゆったりとマッサージしたいときにも使えます。
リップやカバー力の高いウォータープルーフ系のメイクは全然落ちないので、メイク落とし用のクレンジングを使うのがおすすめ。

うるみちゃんcheck!
オイル洗顔は角栓がたくさん取れるのでクセになっちゃいますが、肌に赤みや炎症などがある場合は絶対にNG!
私も湿疹とか赤ニキビになりかけている日にやってしまって凄く後悔したことがあります…(泣)
炎症が悪化してしまうと元も子もないので、肌が落ち着いているときのスペシャルケアとして取り入れていきましょう。

amazonで詳しく見る

椿油の使い方【ヘアケア編】

スキンケアとしても優秀な椿油はヘアケアとしても一級品です。
高級サロントリートメントやシャンプーにもよく配合されていて、

  • まるで絹のようななめらかな指通り
  • くせ毛を扱いやすくまとめ上げる
  • 浸透力が高いため仕上がりはとてもしっとり

といった特徴があり、主に「くせ毛・普通毛~剛毛・ハイダメージ」な方に最適です!
おすすめの使い方は以下の2種類です。

いつものトリートメントをスペシャルケアに!

まずご紹介するのが「トリートメントに少し混ぜる」という使い方。
凄く簡単ですが、これがなかなかにいい仕事をしてくれるので驚きます。

詳しいやり方がこちら。

  1. いつものトリートメントに椿油を2~3滴加えて混ぜる。
  2. 毛先を中心に優しくしっかりともみ込む。
  3. ヘアクリップで髪をまとめて3~5分ほど放置して流す。

はい!完了です!(これは…簡単すぎてもはや解説するまでもないですね…笑)

あとは洗面器にお湯を張って椿油を2~3滴垂らして混ぜ、そこで髪を泳がせてあげるとコンディショナー代わりにも使えちゃいます!

アトピーなどが原因でトリートメントが使えない方や、シンプルケアとして石鹸シャンプーをされている方でも、こちらのやり方なら問題なし。
肌から分泌される油に似た「オレイン酸」が80%以上を占めているオイルなので頭皮のケアにも最適。
安心して使うことができますね。

アウトバスオイルとして。髪がストンとまとまって、和風美人に。

和風美人…なかなかパワーワードに聞こえるのですが、まさにコレなんですよ…!!
ほんの少しのオイルを忍ばせるだけでストンとまとまって、まるでシルクのような上品なツヤ感が出てくれます。
コスパ最強のアウトバストリートメントです。

詳しい使い方はこちら。

  1. まずは濡れた髪をタオルドライ。髪を左右に分ける。
  2. 椿油は1~2滴手に取って、手のひらにまんべんなく伸ばす。
  3. 薄く丁寧に髪になじませる。とてもしっとりしているので、ほんの少量を手のひらにうすーく伸ばして使うところがポイントです。
  4. ドライヤーで髪を乾かす。もし乾かした後に「ちょっと足りないな~」と思った場合は0.5~1滴ほど(ほんっっの少しだけ!付けすぎは大罪!!)を手のひらになじませ、髪を軽くなでる感じで付けてみてください。

たった2~4滴でアウトバスが完了しちゃうなんて、もうこれはコスパの神様。
節約中の方、これです。

お金がなくてもヘアケアはできます。マジで。

amazonで詳しく見る

椿油が合わない人は「あんず油」がおすすめ!

ちなみに下記の方には椿油が合わなかったりします。

  • さらさらで空気感のある柔らかい仕上がりが好きな方
  • 髪が細め~中間ぐらいで猫っ毛
  • ヘアケアはやっぱり香りが欲しい!

そんな方にはあんず油がおすすめです。

amazonで詳しく見る

椿油と同じようにインバストリートメントとして使うのも良し、アウトバストリートメントと使うのも良し。
香りは甘くて少し杏仁豆腐のような香り。

どちらかというと10代の女子に似合いそうなイメージでしょうか?

風が吹いたときとかにふわっと香ってくると「あっ…可愛い…」って感じの香りです。ふふふ。

amazonで詳しく見る

うるみちゃんの「椿油」独自採点結果がこちら↓
[評価基準]1-いまいち…|2-微妙|3-合格|4-よい!|5-最高!!!

この商品の評価
しっとり
(5.0)
さらさら
(3.5)
指通り
(4.0)
クセ毛対策
(4.0)
美肌効果
(4.0)
コスパ
(5.0)
総合評価
(4.5)

まとめ

以上、うるみちゃんによる椿油についてのご紹介でした。
基本的に全身に使えるので、私は冬場だとキュレルのボディローションに1滴混ぜて使っています。
これがまた肌の奥からしっとりしなやかになって最高なのです。。

しかも両方とも無香料なので、香水の邪魔をしてこないところもまた良き。

めちゃくちゃ使い勝手がいいので、ぜひこれからの乾燥対策に…
おひとつ常備してみて下さいませ。

ではまた。